人気ブログランキング |

労作お父さんレポート②

労作の日
北見幼稚園の園児たちは1年を通して園庭で元気よく遊びます。裸足でかけまわり、遊具によじ登り、砂場もあるし、泥のお風呂でどろんこになったりもします。
夏はホースのシャワーで水浴び、そしてプール。冬は雪の滑り台や雪のステージ。このブログでも何度か紹介されていますが文字通り園の中心にある大事な場所です。
そんな園庭を安全に思いっきり子供達が使えるように年に一回お父さん達が集まってメインテナンスをする日が労作の日です。
草刈り、伸びきった蔦や雑草を掃除する。遊具、うさぎ小屋、入り口の門、柱、スノコのペンキ塗り。さくらんぼの木に網をかけたり花壇を作った年もありました。
c0366824_11431799.jpg

なかなか大変な作業なのですが、結構人気の行事だったりします。それはどうしてか・・?
北見幼稚園には源期なの会というお父さんの集まりがあって、1年を通して職業も年齢もばらばらなのに、なぜか仲良く(?)一緒に作業をします。それは子供達のために何かできることをしてあげたいという共通の気持ちがあってみんな集まってくるのです。
入園式のお手伝いから花火大会やマーケットなどのイベントの準備。雪の滑り台作りもします。その中でも人気ナンバーワンが労作の日なのです。

c0366824_11434436.jpg

c0366824_11441528.jpg

実は労作の後さらにおたのしみがあって作業後に園庭でジンギスカン大会が開催されます。なんとビールサーバーも設置され飲み放題です!

c0366824_11440074.jpg
もしかすると担任の先生に自分の子供の様子をきけるチャンスがあるかもしれません。参観日などに平日参加できないお父さんも幼稚園の様子がわかります。下手したら逆に正座させられて説教されるかもしれませんが・・・。
そして有志で夜の部に繰り出し楽しく活動していることは市内の他の幼稚園にも知れ渡り、うらやましがられているとか?
そんな労作の日、今年も無事に作業が終わり毎日園児が思いっきり園庭をかけまわっているようです。
(Mパパ)


by kohitsujihaha | 2015-07-20 11:37 | 幼稚園の行事