人気ブログランキング |

カテゴリ:幼稚園の行事( 30 )

親子ミニ運動会〜年長お父さん〜

朝からこんなに上肢に負荷をかけたことが今まであっただろうか?

第1競技は上肢に動きを司る骨、筋肉、神経、感覚器など全てを導入し、子どもを一人一人を腕の上に渡していく「鯉の滝のぼり」!
c0366824_14404689.jpg
眼球から入る視覚情報や聴覚からの情報を基にお父さんお母さん達と力を合わせ、子どもを次から次へと渡して行く。

競技が始まり10分程たった時だろうか、私の上腕二頭筋が悲鳴をあげはじめた。だが楽しい!
一種のランナーズハイ的なものなのかは定かではないが、実に楽しい!!

子どもたちは競技中、表情をこわばらせていたり、笑っていたり、中には途中泣き出してしまう子もいたが、お父さん達は楽しんだ!
次の日、軽い筋肉痛に見舞われたことは言うまでもない…。

第2競技は子どもの両脚の間に頭を入れ子どもを担ぐ、いわゆる肩車スタイルで行われる騎馬戦だ。
c0366824_14414918.jpg
この競技には注意力、判断力、瞬発力がお父さん達に求められる。
そして子どもは相手の帽子を取るということで競技が進んでいく…はずであったが…我が娘は肩に乗るや否や、私の耳をチネチネ触っていたのだった。
相手の帽子を取ろうともせず、一心不乱に耳を触っているのだ。
普段、私の耳を触るのが好きな娘は家でやっていることをそのまま競技として出してしまったのだ。

結果は言うまでもないが、親としてはすごく楽しかった。
娘も耳を触っていたのだから楽しかったはずだ。
そして、年長になった娘の重さを嬉しく思うのであった。

今回のミニ運動会は雨のためホールで行われた。
みんなが集まると狭く感じたが、休日のお父さんにとってはちょうど良い広さだったかもしれない。

Fパパ


by kohitsujihaha | 2016-07-09 07:46 | 幼稚園の行事

親子遠足

5月30日。延期になった年長の遠足でした。
今日はいける! 親子で手をつなぎ出発

車通りの多い道路で少しドキドキしながらも
綺麗にお手入れされている庭の花を見たり、
一緒に歩いていることが嬉しく感傷にひたる私。

遠足も最後なんだなー
親子遠足がなくなったら、楽になる!
けれど ちょっと寂しい・・・
最後だと思うと、この貴重な時間が愛おしい

そんな思いもつかの間。
途中でバスに乗せてもらい 野付牛公園に到着。
新緑が綺麗でしたー
c0366824_07291674.jpg

リュックを置いて、思い思い 気になる素敵なもの探しが始まりました。
エゾハルゼミの抜け殻を見つけてくれたお母さんがいて、
みんなでじーっと観察。
これ見てーと見せてくれる女の子。
逃げる息子。
ん? なんか逆じゃない??

その後も「10コあったー」「私20コ!」
女子の集中力。すごいです
c0366824_10225156.jpg

場所を移動しようとした頃。
可愛いしっぽのエゾリス?が顔を見せてくれました。
園児たち喜んで、その動きをみんなで追いかけ
これまた素敵な時間でした


そして。お弁当!と思いきや山の探検第2弾が始まり・・・
母は体力の低下を感じずにはいられませんでした(汗)

楽しくお弁当を食べたことは言うまでもありません。
外でみんなと食べるお弁当。美味しかったなあ~

神様に感謝した楽しい春の1日となりました。
先生。みなさん。
ありがとうございました
すみれ S.Sママ

by kohitsujihaha | 2016-06-07 10:10 | 幼稚園の行事

『青空あーと』のご案内


  『青空あーと 2016』
    ~園庭をアトリエに~

第2回『青空あーと』を開催したいと思いま〜す。
去年、好評だった青空あーと、今年もやっちゃいます!
c0366824_22414683.jpg

園開放の一環として、またまたこんな楽しそうなイベントをすることになりました〜★
緑いっぱいの園庭をアトリエに、大きな布やダンボールに絵を描いたり、色をつけてみませんか???
今回はビニールにも絵を描いて青空に掲げてみたいとおもっていま〜す!!!
c0366824_20583732.jpg
布やダンボールには絵の具で筆やハケ、絵の具入りの水鉄砲などの道具を使って絵を描いたり、手や足など全身を使って自由に描いてみたり・・・
ビニールにはペンやクレヨンなどで自由に描いてみたり・・・
c0366824_23001268.jpg
ふだんお家ではできない体験ができると思いますよ〜☆

当日は、保護者の方もお子さんも汚れてもいい格好でいらしてくださいね〜
帽子や水分などの暑さ対策もよろしくおねがいします!

保護者の方もお子さんもみ〜んなで楽しんじゃいましょう〜★★★


日 時:6月17日(金)
 *雨天時は6月24日に延期。
当日の朝に幼稚園HPにてお知らせします!

時 間:9:30〜11:30
場 所:北見幼稚園の園庭
対 象:未就園児
参加費:無料
申込み:電話にて申し込みください
0157-23-5353

また、駐車場の数に限りがあります。
可能な方は乗り合わせなどして来ていただけると助かりま〜〜す♪

☀︎たくさんのご参加お待ちしてま〜す
一人の方もお友達と一緒の方も、どうぞ気軽に遊びに来てみてくださいね〜


去年の様子です!
c0366824_10223032.jpg
c0366824_10225542.jpg
c0366824_16201470.jpg
c0366824_19523048.jpg

(m.i)



by kohitsujihaha | 2016-05-20 19:34 | 幼稚園の行事

年長 参観日



c0366824_12542706.jpg
園庭が、水色とピンクと緑に囲まれ、見ているだけで顔がほころぶ季節に、今年度初めての参観日がありました。

c0366824_12545198.jpg
静寂に包まれた保育室。
今日はどんなおもしろいことしてくれるかな。どんな驚きをみせてくれるかな。ドキドキして子ども達を待っている……
そんな気がします。

c0366824_22094662.jpg

保育室に入ってみると……誰が描いたものかしら。あっ!よーく見てみると、クラスのみんなの手形で作られていました。色とりどりのぞうのあーとに、心をほっこりさせてもらいました。
c0366824_12543910.jpg
ホールで、体をいっぱい使ってリズム。
子ども達も大はしゃぎのこのリズムの動きにも、ちゃんと一つ一つの意味があるそうです。
身体もどんどん強く、どんどん元気になります!
年中さんの時とは違う動きもプラスされていて、スピードもみんな速くなっていました。
先生のピアノと、子どもたちのあまりにも楽しそうな笑顔に、私もやりたくて仕方なくなりました。


c0366824_12535772.jpg
お誕生会のかんむり作り。
好きな色を選んで、自由に切り紙して、思い思いに貼っていきます。
何回もやったことがあっても、お父さんお母さんと一緒にやれば、もっと楽しくてもっとうれしい子どもたちかしら。
みんないい顔をしていました。
完成品を見るのはお誕生会。
あ~待ち遠しいなぁ~



残りあと何回参観日があるかな…
あとどれくらいこの幼稚園で一緒に過ごせるかな…
年長さんになって、こんなことも頭をよぎってしまう今日この頃。
ですが、今しかない子ども時代を大切にして、そして一つ一つのふれあいも大切にして、子ども達と一緒に楽しんでいきたいなぁとかみしめた、そんな参観日でした。


( S.S.)

by kohitsujihaha | 2016-05-16 13:01 | 幼稚園の行事

母の日に

『母の日に』


ゆり組Yの母です。


幼稚園に入園して、一か月になります。

周りのお友達より一年遅く、年中さんに入りました。


親から離れられなかった入園式。

次の週の月曜日、不安な顔でバスに乗りました。

けれども、帰宅してすぐ、

「おかあさん!おみやげ作ってきたよ!」

と、玄関で袋の中のものを出して、たくさんお話をしてくれました。


毎朝毎朝と、こわばっていた顔がどんどん緩んでいくのがわかりました。

一日一日と、娘の心も緩み、

少しずつ園の中での自分の居場所を感じられるようになっているのだろうな、と思います。


そして、娘が持ってくる「おみやげ」は、私たち親の心も柔らかくしてくれます。

なんだか心が温かくなる。愛おしくなる。

すっかり娘の制作のファンになってしまいました。


c0366824_09113672.jpeg


子どもの日には、鯉のぼり。


c0366824_09121662.jpeg


そして、母の日には写真とメッセージがついたプレゼント。


c0366824_09130277.jpeg


「おかあさん、だっこしてくれて、ありがとう。」

と、書いてありました。

胸がジーンとしました。

上の子や家事に追われて、「ちょっと待ってね!」が多かったなぁと、

ちょっと切なくなりました。

でも、

少しずつ成長していく娘を見ると、ジワーッと嬉しさがこみあげ、

もしかすると、抱っこしてもらっていたのは私かも・・・と思いました。


「Yちゃん。お母さんこそ、だっこしてくれて、ありがとう。」


見守り、寄り添える、子ども達がいることに感謝です。


K.O


by kohitsujihaha | 2016-05-08 19:59 | 幼稚園の行事

生活発表会 (年中ゆり組)

c0366824_16075906.jpg
三学期が始まってしばらくたったある日。幼稚園から帰ってきた息子が
「問題です!生活発表会で、何をするでしょうか?」
とうれしそうに聞いてきました。
そして、『三びきのやぎのがらがらどん』の劇に決まり、ナレーターになったことを教えてくれました。

普段はおしゃべりな息子ですが、
「劇はやりたくない、セリフを言うのもイヤ」
と言って、年少時の発表会では一言も声を出しませんでした(汗)
それでも、一生懸命に身ぶり手振りで演技する姿に涙したものです。

それが、うれしそうに発表会のことを話してくれたので、ほっと一安心
・・・と思っていたら、担任のA 先生からお電話をいただきました。
クラスの話し合いで『がらがらどん』に決まったものの、息子は
「やりたくない、セリフを言うのはイヤ」と拒否。
先生が「(セリフじゃなくてお話の部分を語る)ナレーターならどう?」
などと提案してくれ、最後はすごくやる気になったのだとか。

そして、悪役のトロルは誰もやりたがらなかったとのことで、ナレーターが兼ねることに。
「セリフを言うのはイヤ」と言っていたことなど忘れて、ノリノリで怖い声を作って練習していました(笑)

先生方はこうやって、子どもたち一人一人の気持ちや意見を大切にしながら
準備をしてくださっているんですね。

大道具は、何をどうやって作るか
やぎが橋を渡るときの音はどうやって出すか
トロルをやっつける場面はどう演出するか
やぎが草を食べて太る様子をどう表現するか
セリフを言う順番や、並ぶ順番
などなど、みーんな子どもたちが話し合いで決めたそうです!

c0366824_16084283.jpg

そして2月25日の生活発表会本番。
みんな堂々と楽しそうに演じていました。
やっぱり、自分たちで作り上げた劇だからでしょうか
みんなが主役!という感じで、一人一人がみんな輝いていました!

( A.H. )

by kohitsujihaha | 2016-04-23 16:59 | 幼稚園の行事

生活発表会(年少ひよこ組)

一年の集大成、生活発表会。2月末に行われました。

年少ひよこ組はジョン・バーニンガムの『ガンピーさんのドライブ』。ひよこ組のプロジェクトワークのテーマは「光と影」。生活発表会の内容は子ども達が話し合って決めるそうですが、ひよこ組では運動会からの流れで、みんな動物になりたいという方向に話が向き、動物が次々に出てくるこのお話になったと、発表会後の懇談会で担任の先生が話してくださいました。

発表会では、クラスでこれまで遊んできた光と影のアイディアを使ってるのだなと思われる演出がたくさんされていて、驚いたり感動したり。入園時には想像できなかった堂々とした子ども達の姿に涙が出たり。

スクリーンに自分達で描いた雲や雨を映したり、

c0366824_12590095.jpg

c0366824_13000172.jpg

最後の水浴びのシーンでは影絵で表現することにしたり。
子ども達が意見を出し合って決めたそうです。

c0366824_13005297.jpg

3、4歳でも話し合って決めたりできるんだなあ。

劇のあとはリズム体操やスキップ、なべなべそこぬけなどの遊びの披露。誇らしげな顔や照れくさそうな顔も見せながら、楽しそうに、一生懸命に取り組んでいました。
c0366824_12041877.jpg

c0366824_12054601.jpg

(pyu)


by kohitsujihaha | 2016-04-23 12:56 | 幼稚園の行事

聖誕劇 年長ママさんレポート

『最後の聖誕劇』

12月23日 とても晴れた寒い朝、聖誕劇本番の日!
この日のために、みんな一生懸命練習してきました。

幼稚園や自宅で毎日のように、セリフや動きの練習をしてきたので大丈夫・・・!っと
分かってはいても、当日誰よりも緊張している母。
「大丈夫かな~、セリフを忘れて立ち尽くす・・・なんてことになったら~(泣)」
などとネガティブになる母をよそに、余裕の表情の我が子。

いよいよ開演となり、年中さんのオープニングですでにウルウルきているところに、
年長さんの劇が始まりました。
すてきな歌声とハキハキした大きな声でセリフを言うお子たちに、
感動の涙があふれます。

そして我が子登場。
「キターーー!」ハラハラドキドキ・・・
セリフと歌が終わり、去る我が子。
「ちゃんと言えてたー!」親バカですが素晴らしかったです。
劇は続きみんなの演技に感動しました。
そして年少さんの羊たちは、可愛くて癒されました。

大役をやり遂げた我が子は、なんだか少したくましくなったような気がします。
全部終わった後、実は緊張していたと聞き、そんな風に見えなかったな~と、
いや、そんな風に見えないようにがんばったんだな~と感心しました。

こうやって少しずつ成長していくんだな~と、しみじみ思うクリスマスでした。

                                     Kママ


by kohitsujihaha | 2016-02-09 17:34 | 幼稚園の行事

光のあーと ライトボックス

あー癒される。
きれいー!
ずっと見ていたい。

そんな声を保護者の方からいっぱいいただきました。
私が担当したライトボックスはアクリル板の箱の下から光をあてて、三面鏡や切り絵など色んな物を乗せて見るものです。
乗せたものは特別なものではなく、普段家にあるもの。
卵のケース、食品トレー、松ぼっくり、落ち葉、おはじき、ビーズ
…。

普段目にしているものなのに、箱の上に乗せると大人が見ていても夢中になる美しさ。
なんだか非日常というか、ボーとしちゃうというか…。

一方、1〜3歳くらいのお子たちはというと……無言(笑)
とにかく無言で熱中していましたよ。
c0366824_21543192.jpg
三面鏡を覗きながら、葉っぱを入れたり、おはじきを重ねたり、鏡で鏡を覗いたり、万華鏡の中にビー玉を詰め込んだり、中にはお母さんの顔を三面鏡で覗いて喜んでいる子も。

そして、先輩園児たちはというと、
これまた発想が凄い‼︎
鏡と鏡を合わせるとモノが増えることにびっくりしていた子。
色んなセロファンを重ねると色が変わることを知った子。
三面鏡をふたつ繋げて長くした方がキレイに見えることを発見した子。
三面鏡を回すと星みたいに綺麗だと感じた子。
光の上に手を乗せると指先が赤く見えるのを発見した子。
c0366824_21544836.jpg
そして、それを目を輝かせながら私たちに教えてくれる子どもたちにジィ〜ン。

書ききれないほどの感動、発見がありました。

これは病みつきになる(笑)

この感動に至るまで、
母たちの溢れでるアイディアと絶えない笑いの中で準備がとっても楽しかった〜!

子どもたちのすごい!みて!おもしろい!の声がなによりのご褒美でした。

《N.BON》

by kohitsujihaha | 2016-01-13 19:15 | 幼稚園の行事

聖誕劇 年少ママさんレポート

「小さい羊たち」

今日は、聖誕劇本番です。
家で練習する娘の姿を何回も見てきましたが、ついに大きな舞台で見られる日がきました。
まずは娘を全身白ずくめにして控室まで送り届けます。部屋に入ると、すでに20人(頭?)ほどの子羊たちが耳とシッポをつけて飛び回っていました。

聖誕劇の始まりです。
オープニングの年中さんのハンドベルに聴き入り、しっかりした歌声と踊りに感動!すでに少しウルッ(涙)
さらに驚いたのは、劇中に登場する年長さんのセリフが多くて長くて難しいこと!年長さんってすごい!歌や踊りをまじえながらセリフも言って、これはもうミュージカルですね。心の中の驚きが止まりませんでした!

さぁいよいよ子羊たちの登場です。
暗闇の中、こそこそとスタンバイしている姿も愛らしい。不思議なことにたとえ暗闇でも親羊は我が子羊を見つけることができます。あれだ!お尻がぷりぷりしているあの羊に違いない!そうとわかれば、もう目が離せません。
歌って踊ってお尻ふりふり。よそ見してたって、帽子で顔が半分隠れてたって、踊りを少し間違えたって、いいんです。子羊たちは一生懸命なんですから。
大きな口を開けて歌う娘の姿は堂々としていました。入園式では私から離れずにモジモジしていたあの子が…(涙)

席に戻ってきた娘に「緊張した?」と聞くと「緊張しなかった。楽しかったぁ(⌒▽⌒)」と一言。
ほぉぉぉーー(驚)!それはそれは!
きっと仲間と一緒だから乗り越えられることっていっぱいあるんでしょうね。
とっても素敵な聖誕劇でした。
来年も再来年も楽しみです!!!

Yママ

by kohitsujihaha | 2015-12-27 12:32 | 幼稚園の行事