聖誕劇 年長ママさんレポート

『最後の聖誕劇』

12月23日 とても晴れた寒い朝、聖誕劇本番の日!
この日のために、みんな一生懸命練習してきました。

幼稚園や自宅で毎日のように、セリフや動きの練習をしてきたので大丈夫・・・!っと
分かってはいても、当日誰よりも緊張している母。
「大丈夫かな~、セリフを忘れて立ち尽くす・・・なんてことになったら~(泣)」
などとネガティブになる母をよそに、余裕の表情の我が子。

いよいよ開演となり、年中さんのオープニングですでにウルウルきているところに、
年長さんの劇が始まりました。
すてきな歌声とハキハキした大きな声でセリフを言うお子たちに、
感動の涙があふれます。

そして我が子登場。
「キターーー!」ハラハラドキドキ・・・
セリフと歌が終わり、去る我が子。
「ちゃんと言えてたー!」親バカですが素晴らしかったです。
劇は続きみんなの演技に感動しました。
そして年少さんの羊たちは、可愛くて癒されました。

大役をやり遂げた我が子は、なんだか少したくましくなったような気がします。
全部終わった後、実は緊張していたと聞き、そんな風に見えなかったな~と、
いや、そんな風に見えないようにがんばったんだな~と感心しました。

こうやって少しずつ成長していくんだな~と、しみじみ思うクリスマスでした。

                                     Kママ


by kohitsujihaha | 2016-02-09 17:34 | 幼稚園の行事